初見大会!

夏のコンサートが終わり、夏休みも終わり、さらに依頼演奏が一つ終わり、次の本番は11月末。ほんの少し、せっぱ詰まってないこの時期、ぷれすとではよく「初見大会」をおこなっています。


「初見大会」とは、楽譜を配ってその場でみんなで合奏すること。主には次のコンサートでどんな曲をやりたいか、また出来そうかをみるためにやります。最近はネットで模範演奏を聴けたりもしますが、自分とこのバンドではどういう音になるか、というのはまた別の話で…。一回やってみないと分からない部分も多いのです。


さて数十年前、ピアノを習い初めのころ…。

楽譜を「読む」作業は線と線の間を数え、四分音符、八分音符、付点四分音符…と一つ一つ確認してなんとかリズムをつかみ、といった具合で、解読するのにものすごく時間がかかるものでした。それを、配られてすぐ演奏するなんて! 信じられない!と当時の私なら思うでしょう。 


 それが、ママさんブラスで7年もやっていると、不思議と出来るようになってくるんです。 

 音のならび方も、リズムも、よくあるパターンがあって、数をこなしていくとパッと見た目の形とか雰囲気でだいたいどんな感じか、何となく分かるようになってきます。お陰で今では、子どもたちが取り組んでるバイエル程度の楽譜なら、初見でピアノも弾けちゃいます。尊敬してもらえますよ(笑) さらに、初見やってる時の「脳がめっちゃ動いてる感じ」が個人的には好きだったりもします(^^) きっとこれやってたら、ぼけないと思う! 

願望も入り交じってますけどね…。 脳を活性化させたい方、お勧めですよ!(^^)

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    障害者音楽サークル教室 (火曜日, 10 11月 2015 16:24)



    障害者音楽サークルとして活動を行っているブレイクロックすでは、
    音楽を始めたい障害者の方々に向けて音楽教室を開催しております。
    新しいことにチャレンジしたい方々に最適な活動ですので、
    この機会に是非ご参加されてみてください。